化学会社の海外進出一覧 旭硝子 インドネシア

 

苛性ソーダ、EDC、VCM、PVC等化学製品 

社名 P.T. Asahimas Chemical
場所 アニール
株主 旭硝子 52.5%
三菱商事 11.5%
Subentra 18%
Rodamas 18%

設立時株主
旭硝子 35%
アサヒマス板硝子 10%
PPG(旭ペンのパートナー)
15%
三菱商事 10%
Subentra 15%
Rodamas 15%

設立 1986   
能力 電解 370千トン500千トン
苛性ソーダ 370千トン
500千トン700千トン
塩素 330千トン
450千トン630千トン
EDC 360千トン

VCM 400千トン
800千トン
900千トン
       2016/5 VCM増強 http://www.agc.com/news/20160512.pdf

PVC 285千トン550千トン

   2016/2  増強設備の出荷式
  http://www.agc.com/news/20160215.pdf

 

備考


東南アジアでのAGCグループの生産能力/年 

 

ーーーーーーーーー  

4億ドルを投じて発電所を建設  
 http://www.agc.com/news/2015/0408.pdf

  発電能力 25万kw インドネシアの石炭とバイオマス燃料を混合
         2017年 稼動予定

 

電線用を主とした塩ビコンパウンド

社名 P.T. Riken Asahi Plastics Indonesia
場所  
株主 リケンテクノス(旧理研ビニル) 40%
旭硝子 35%
丸紅 15%
Rodamas 10%
設立 1995/4
能力 14千トン(当初7千トン、2000年倍増)
備考