2019614日 三菱ケミカル

記録メディア事業の売却について

三菱ケミカルは、連結子会社である三菱ケミカルメディア傘下のバーベイタムグループグローバルに実施する光ディスクUSBフラッシュメモリー等の記録メディア事業及びその他事業並びに三菱ケミカルメディアが保有するこれら事業に関する資産を、台湾CMC Magnetics Corporation中環股份有限公司、本社:台北市、社長Ming-Sen Wong)に売却することで合意しましたので、お知らせします。

三菱ケミカルは6月14日、「Verbatim」ブランドで世界展開している光ディスクなどの記録メディア事業を、台湾のCMCマグネティクスに売却すると発表した。売却額は35億円程度のもよう。
三菱ケミカルは記録メディア事業から撤退し、高機能の樹脂やフィルムなどの重点事業に注力する。

同社は1996〜2005年に三菱ケミカルHD会長の小林喜光氏が社長を務めた。赤字続きだった記録メディア事業を立て直し、手腕が注目された経緯がある。

CMCは光ディスク製造の世界大手。三菱ケミカルメディアの光ディスクなどのOEM(相手先ブランドによる生産)を手がけている。事業買収後もバーベイタムのブランドは維持する方針だ。

According to CMC, the transaction includes 100% equity, trademarks, patents, technology, and channels of the four subsidiaries of the United States, Europe, Australia and Hong Kong.

Verbatim Group
Verbatim America (米国 Head Office)
Verbatim Europe (ドイツ Head Office)
Verbatim Australia (オーストラリア)
Verbatim Singapore (シンガポール)
Verbatim Hong Kong (香港)

CMC社は、1978年の創業から記録メディア事業を手掛け現在、光ディスクにおける界最大手であります。当社とは長期にわたって光ディスク等の技術供与、製造受委託等を通じ強固なパートナーシップ構築し現在に至っております

当社が三菱ケミカルホールディングスグループの中期経営計画「APTSIS 20」に基づき、ポートフォリオマネジメントの強化に取り組む一方、CMC社は自社が保有する製造技術に加え、当社グループが培ったグローバルな販売ネットワーク、技術等を引き継ぐことにより記録メディア事業の強化が期待できる事から、今回の両社合意にりました。

【三菱ケミカルメディアの概要】

 東京都千代田区神田小川町3-20 2龍名館ビル8

立 1994223

資本金 409300万円

連結売上高 3929000万円20183月期)

従業員数 215人(グループ会社含む)

事業内容

CD-RCD-RWDVDBD開発及び販売
USBフラッシュメモリー、SDカード、コンピュータテープ等の販売
・外付けハードディスク等のコンピュータ周辺機器の販売

・光ディスク用の記録膜材料及びスタンパーの販売

歴史: