日本とアジアの石油化学の現状その他を、各社のホームページや新聞雑誌情報を基にまとめ
た個人のデータベースです。

 他のページへ  トップページ  その他化学及び周辺業界  医薬(トップ)   バイオ(トップ) 

           飼料添加物・食品添加物(トップ) 

                                    連絡先 knak@js2.so-net.ne.jp        

                                                               Back

2003/01/14 エーザイ

米国子会社エーザイ・インク、MRを60%増員
  
 http://www.eisai.co.jp/news/news23_02.html

米国子会社エーザイ・インクは、本年MR(医薬情報担当者)を150名増員し、米国内の販売力を強化します。このたびの増員は今後2年間でMRを現在の250名から500名以上にする計画の一部です。


日本経済新聞 2003/1/15

米で医薬研究強化、エーザイ 販売担当者も倍増

 


日本経済新聞 2003/1/18

医薬原料 中国で生産委託 住商、日米欧企業を仲介

住友商事は中国で医薬品事業に参入する。日米欧の大手製薬会社から抗がん剤や心臓病用薬などの原料の注文を受け、中国の製薬企業に生産を委託する仲介会社を上海に設立した。


日本経済新聞 2003/1/23         CRO:Contract Research Organization

臨床試験の支援 アジア事業拡大
 イーピーエスやシミックなど 高成長見込み人員増

臨床試験(治験)支援各社がアジア地域での事業を拡大している。

イーピーエスの中国子会社、上海日新医薬発展公司は、日本の製薬会社が新薬販売後に安全性を確認する市販後調査のデータ収集や解析業務の受託を拡大する。

シミックの韓国子会社、シミックコリアは欧米製薬会社の現地法人を中心に生活習慣病治療薬などの治験を受託し、2003年9月期の売上高を前期比約2倍の8千万円に伸ばす計画。

東京CRO(東京・千代田、西山利巳社長)は.2003年7月期中に中国、台湾、韓国への進出計画をまとめる。


日本CRO協会   http://www.jcroa.gr.jp/

CROって何ですか?
   
CROは日本でも認められているのですか?
   
では、CROは一体何をするのですか?
                                      
どうして製薬企業はCROに開発業務を委託するのですか?
   
日本CRO協会って何ですか?

 

正会員 (平成14年11月1日現在 14社)

  IBRD JAPAN   http://www.mictokyo.co.jp/ibrd/
  イーピーエス   http://www.eps.co.jp
  エスアールディ   http://www.cro-srd.co.jp
  クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン   http://www.quintiles.co.jp/
  国際医薬品臨床開発研究所   http://www.incrom.co.jp
  CRCソリューションズ   http://www.crc.co.jp/science/CRO/cro.html
  シミック   http://www.cmic.co.jp/
  新日本科学   http://www.snbl.co.jp
  東京CRO   http://www.cro.co.jp
  日本アルトマーク(東京・大阪)   http://www.gn5.co.jp
  パレクセル・インターナショナル   http://www.parexel.co.jp
  ベルシステム24   http://www.bell24.co.jp
  メディサイエンス プラニング   http://www.mpi-cro.co.jp/
  モス インスティテュート   http://www.moss.co.jp/

イーピーエス株式会社 The Clinical Service Provider   http://www.eps.co.jp/

   新薬開発に必要なクリニカルトライアルをアウトソーシングによって的確に、迅速に、客観的に行うための専門カンパニー(=CRO:Contract Research Organization)です。
       
       
  代表者   代表取締役社長 厳 浩
  設立   平成3年5月
  資本金   6億1875万円
  従業員   374名(2002年6月末日現在)
  本社   東京都文京区後楽2丁目3番地19号 秀和飯田橋ビル             

平成16 年8 月24 日 イーピーエス

EPSグループ、SMO事業強化
「日本エスエムオー株式会社」グループ会社化に関するお知らせ
http://www.eps.co.jp/pdf/ir20040824.pdf

 イーピーエス株式会社(代表取締役社長:厳浩、以下EPS)は、日本エスエムオー株式会社(代表取締役会長兼社長:高仁觀、以下日本SMO)をEPS のグループ会社とすることに関して、同社と最終的に合意いたしましたのでお知らせ致します。

1. 概要
 EPS と日本SMO は、2004 年8 月25 日付けでEPS が日本SMO の発行済み株式の75%を取得することで合意、日本SMO はEPS のグループ会社となります。
 EPS グループには、SMO 事業を営む株式会社イーピーリンク(以下、イーピーリンク)がありますが、CRC 派遣業務に加えて、サイトサポート業務の拡大強化をすすめております。
 一方、日本SMO は、サイトサポート業務を中心に事業展開しております。
 EPS グループは、今回の日本SMO のグループ会社化により、イーピーリンクとの相互補完を図り、SMO 事業の更なる伸長を期待しています。

2. 将来のSMO 事業体制
 当面の間、EPS グループのSMO 事業は2 社体制となりますが、イーピーリンクと日本SMO は、2005 年4 月を目処に合併し、EPS グループにおけるSMO 事業は一本化する予定です。

3. 日本SMO の会社概要
 会社名 日本エスエムオー株式会社
 代表者 代表取締役会長兼社長 高仁觀
 所在地 東京都新宿区西新宿1 丁目10 番1 号
 資本金 3,000 万円
 URL 
http://japan-smo.co.jp

4. 連結業績に与える影響
 今回の日本SMOのグループ会社化は、8月下旬であり、9月末の決算まで短期間であることから、連結業績に与える影響は軽微にとどまる見込みです。

((用語解説))

SMO; Site Management Organizationの略語で、治験施設支援機関と訳されています。SMO
は、治験実施施設(医療機関)と契約し、治験業務を支援する機関(通常は企業)です。
CRC; Clinical Research Coordinatorの略語で、治験コーディネーターと訳されています。
治験コーディネーターは、医療機関で治験の進行等をサポートする職種です。治験に
関わる医師、看護師、事務局等の業務を支援することにより、医療機関、スタッフの
負担を軽減し、治験の品質向上・スピードアップを支援する業務です。専門の資格は
ありませんが、多くは看護師や薬剤師または臨床検査技師の資格者です。
サイトサポート;
  治験を行おうとする医療機関の体制整備を支援し、円滑な治験を進めるための事前
準備や事務局としてのサポート業務です。資料、契約書、法令上の必須文書の作成
支援や医療機関の代理として製薬会社との折衝も行います。

シミック株式会社      http://www.cmic.co.jp/j/index.htm

       
  本社所在地   東京都品川区東五反田4−7−20 相生ビル
  設立   1985年
  資本金   1,216,060千円
  業績   2002年9月期
  売上(連結)   65億2,500万円
  経常利益(連結) 6億5,600万円
  代表者   代表取締役社長 中村和男
  従業員数   716名 (連結決算子会社 計) (2002年10月末現在)
 
  連結決算子会社   シミックCRC(株)
(株)シミックMPSS
(株)シミック-BS
(株)シミックADC
CMIC Korea Co., Ltd.

日本経済新聞夕刊 2004/3/8

日本の実力派たち シミック会長兼社長 中村和男さん(57)
 新薬開発 プロデューサー走る

 アドレナリンが出る思いがした。十数年前、出張で訪れた米国のバイオベンチヤー企業。若い研究者はトレーラーハウスに泊まり込んで実験に没頭している。同僚を励ましながら資金を集め、製品化への最短距離を駆け抜けるプロデューサーのような研究者もいた。「自分がやりたいのはこれだ」。帰国すると、辞表を出した。
 会社はあわてふためいた。大ヒット商品の開発チームを三十代で率いた人物だったからだ。1989年発売の高脂血症治療薬「メバロチン」。発売から十年あまりで販売額は2兆円を超す。三共の屋台骨を支え続けた。


化学工業日報 2003/6/16

シミック、韓国でCRO事業が好調

国内CRO大手・シミックの韓国事業が順調に拡大している。


2004年8月16日 化学工業日報             発表

シミック、北京に子会社・CRO事業に本腰

 医薬品開発業務受託機関(CRO)国内大手の
シミックは、中国・北京に現地法人を今月設立した。日本本社で日本企業からフェーズ2−3プロジェクトを中心に中国での臨床試験を複数受託しており、今後の需要増加に備えて現地の体制を整えたもの。先行している韓国事業に加え、本格的な中国事業に乗り出すことで、将来はアジアで最大手CROを目指す。


2004/8/12 シミック

子会社の設立に関するお知らせ(一部追加)
http://www.cmic.co.jp/j/inv/pdf/press_20040812.pdf

 当社は、平成16 年4 月19 日付で発表いたしました「子会社設立に関するお知らせ」につきまして、本日北京市工商行政管理局から8 月2 日付にて登記完了の旨、通知を受けましたので未定でありました項目につきまして、下記の通りお知らせ致します。

(1) 商号: 希米科医薬技術発展(北京)有限公司
(2) 設立年月日: 平成16 年8 月2 日
(3) 所在地: 中国北京
(4) 代表者: 温禾
(5) 資本金: 3千万円
(6) 出資比率: 当社100%
(7) 主な事業の内容:臨床試験支援業務
(8) 当社との資本関係、人的関係、取引関係等の概要:
    資本関係:当社の全額出資により設立されます。
    人的関係:当社役員の兼務があります。
    取引関係:重要な取引関係はありません。
(9) 従業員の状況:設立当初6 名(現地社員6 名)


2004/4/19 シミック

子会社の設立に関するお知らせ
http://www.cmic.co.jp/j/inv/pdf/press_20040419_1.pdf

 当社は、平成16 年4 月19 日開催の取締役会において、下記のとおり現地法人を中国に設立することを決議いたしましたのでお知らせ致します。

1.現地法人設立の目的
 当社はかねてより北京にシミックチャイナ北京代表処(駐在員事務所)を設置し、中国における臨床試験支援業務の市場調査等を行っておりましたが、この度具体的な事業展開を図るため新たに現地法人を設立することを決定いたしました。


東京CRO株式会社  http://www.cro.co.jp/

  設立   平成8年(1996年)10月16日
  払込資本金   9,500万円
  主要株主   西山利巳
ライフサイエンス出版株式会社
長谷川僚三
石本祐男
  事業内容   CRO (Contract Research Organization):開発業務受託事業
  住所   〒101−0041
東京都千代田区神田須田町 2−6 ランディック神田ビル 6階

2010/9 日揮が買収、社名を日揮ファーマサービスとする。


日本経済新聞 2003/2/4

持田製薬が分社 医療用生産など3部門        
発表

持田製薬は3日、医療機器とヘルスケア、医師の処方が必要な医療用医薬品生産の3部門を2005年4月までに分社化すると発表した。同社は利益の9割以上を医療用医薬品が占める。


2003/2/3 持田製薬

医療機器・ヘルスケア・製造部門の分社(会社分割)について
   
http://www.mochida.co.jp/ms/ms_img/bunsha.pdf

医療機器、ヘルスケア、製造の各部門を分社(会社分割)することを決議

 

医療機器部門の分社(会社分割)について

 
(1)商号   未定
(2)事業内容   医療機器(医療用器械器具および材料)等の製造販売(輸出入・修理を含む)
(3)本店所在地   東京都新宿区(予定)
(4)代表者   未定
(5)資本金   100百万円程度を予定
(6)総資産   4,000百万円程度を予定
(7)決算期   3月31日
(8)従業員数   約110名
(9)売上高   当初、年間約5,500百万円を見込む
(10)株主   持田製薬(株)100%
   

ヘルスケア部門の分社(会社分割)について

 
(1)商号   未定
(2)事業内容       ヘルスケア製品(一般用医薬品、医薬部外品、化粧品、食品)等の企画、開発および販売(輸出入を含む)
(3)本店所在地   東京都新宿区(予定)
(4)代表者   未定
(5)資本金   100百万円程度を予定
(6)総資産    1,600百万円程度を予定
(7)決算期   3月31日
(8)従業員数   約60名(契約社員等を含む)
(9)売上高   当初、年間約3,500百万円を見込む
(10)株主   持田製薬(株)100%
     

製造部門の分社(会社分割)について

 
(1)商号   未定
(2)事業内容   医薬品等の製造
(3)本店所在地   栃木県大田原市(予定)
(4)代表者   未定
(5)資本金   500百万円程度を予定
(6)総資産    20,000百万円程度を予定
(7)決算期   3月31日         
(8)従業員数   約170名
(9)売上高   未定
(10)株主       持田製薬(株)100%        
 

 


http://www.mochida.co.jp/ms/ms_idx.htm

持田製薬の基幹分野といえる医薬品では、これまでに独創的な新薬を数多く開発し、世に送り出してきました。古くは眼科用化学療法剤の創製に始まり、ホルモン、酵素、免疫関係分野など、開発領域を広げながら、近年では日本初の抗ウイルス剤、世界に先駆けてのヒト由来の新しい酵素阻害剤、バイオテクノロジー分野でのインターフェロン開発など、オリジナリティの高い製品をたえず創製しつづけています。
また診断試薬では、日本初の妊娠診断補助試薬、モノクローナル抗体を利用した癌診断試薬などを開発しています。
この部門では、持田製薬の代表的な高脂血症治療薬を中心として、事業への確実な寄与を目標のひとつにかかげています。高脂血症を含めて循環器領域の治療・医療に関心が高まる今後、この医薬事業の健全な発展が大いに期待されているところです。


日本経済新聞 2003/2/6

医薬品 受託生産を拡大 ニプロ ライン増設に130億円

医療器具大手のニプロは医薬品の受託生産事業を拡充する。
子会社の菱山製薬が抗生物質などの生産ラインを増設する。

 


化学工業日報 2003/3/4

アビシア、米社キラル(光学活性体)技術を買収    発表文

英アビシアは、キラル技術に強い米シンソン・キラジェニクスの医薬品ファインケミカル事業を買収した。


26 February 2003 Avecia  

Avecia Acquires Chiral Technologies from Synthon Chiragenics
http://www.avecia.com/DynamicIndex.asp?Page=http://www.avecia.com/news_archive_2003/260203_synthon.htm

Avecia today announced the acquisition of the pharmaceutical fine chemicals business of Synthon Chiragenics Corporation, of New Jersey, USA, a recognized leader in chiral technology.


Avecia A World Leader in Fine and Specialty Chemicals

   http://www.avecia.com/

Avecia is a leading global fine and specialty chemicals company focused on delivering innovative technology and service excellence to customers across a range of high technology industries.

Private equity funds managed by Cinven and Investcorp International acquired Avecia Group from AstraZeneca in 1999.


Avecia - A World Leader in Fine and Specialty Chemicals  http://www.avecia.com/default.htm

Avecia is a leading global fine and specialty chemicals company focused on delivering innovative technology and service excellence to customers across a range of high technology industries.

Avecia is divided into two divisions - Biotechnology and Chemicals - with a rich history and long track record of innovation and service excellence.

The Avecia Product Range
Product Application Area
Bioprocessing
DNA
Fermentation
Immuno-therapeutics
Microbial Biotechnology
Oligonucleotide
Peptides
Phthalocyanines
PRO-GEN
PRO-JET
PRO-TONER
PRO-TRAN
healthcare and agrochemical industries
Therapeutics healthcare industry
healthcare and agrochemical industries
healthcare industry
healthcare and agrochemical industries
for the healthcare industry
for the healthcare industry
for infra red absorption
charge generating materials
colours for ink-jet printing and infra red absorbing dyes
additives for toners
charge transport materials

Avecia Pharmaceuticals インドのNicholas Piramalに売却(下記)
PRO-JET  富士写真フィルムに売却


2005/10/27 Nicholas Piramal

Nicholas Piramal acquires Avecia Pharmaceuticals, UK for a consideration of GBP 9.5 million
http://www.nicholaspiramal.com/media_pr24.htm

Nicholas Piramal India Limited (NPIL) today announced the acquisition of Avecia Pharmaceuticals, UK for a consideration of GBP 9.5 million. The consideration is inclusive of funding the businessUK pension fund deficit of between GBP 8-9 million. The transaction completion is subject to required regulatory and other approvals.

This acquisition is NPILs second M&A transaction in the UK after its acquisition of Rhodias Inhalation Anaesthetics business in December 2004. The transaction is in the nature of a share purchase on a liabilities and cash-free basis. It includes working capital of GBP 8.8 million.

Avecia Pharmaceuticals is a global custom manufacturing player focused on providing custom chemical synthesis and manufacturing services for the innovator pharmaceutical and biotechnology companies. It had consolidated Sales of GBP 36.1 million (Rs. 2.9 billion) in 2004. The business includes early/late-stage and launched manufacturing assets in UK and North America, a deep pipeline of products backed by strong customer relationships and a mix of unique technologies.

Avecia Pharmaceuticals is part of the UK-based Avecia Group. Private equity funds managed by Cinven and Investcorp International acquired Avecia Group from AstraZeneca in 1999.





2003/7/29 協和発酵

子会社の解散に関するお知らせ
   
http://www.kyowa.co.jp/netext/nr030729.pdf


連結子会社を解散することを決議しましたので、お知らせいたします。

当該子会社の名称等
@ 名称 FERMENTACIONES MEXICANAS, S.A. DE C.V.
A本店所在地 メキシコ合衆国ベラクルス州 

@ 事業内容   飼料用アミノ酸の製造販売
A 設立年月日   1975 年2 月
B資本金   30,521 千ペソ
C 発行済み株式数   30,521,577 株
D 総資産   893,142 千ペソ(2002 年12 月期)
E 決算期   12 月
F 従業員数   286 名
G 出資比率   協和発酵工業株式会社100%

2003/09/11 タキロン

生体骨より高強度で、骨伝導性と生体内吸収性を合わせもつ、世界初の骨接合材料「スーパーフィクソーブ30」発売開始。
    
http://www.takiron.co.jp/new/2003_09_11.htm

生体に活性なバイオセラミックスの微粒子(u−HA)とポリ−L−乳酸(PLLA)を、特殊な方法で複合化し、生体骨より高い強度と、生体内吸収性と生体活性を兼ね備えた、世界初の生体内吸収性骨接合材料「スーパーフィクソーブ30」の医療用品承認を取得、本年11月から発売を開始する。


朝日新聞 2003/9/13                  発表

骨再生助ける人工骨、半導体洗浄材料を使い開発

骨の再生を助ける人工骨の技術をベンチャー企業が大阪大医学部などとともに開発した。
医療器具販売を手がける社員約20人のベンチャー企業
エム・エム・ティー(大阪市)と半導体材料メーカーの東芝セラミックス阪大医学部の吉川秀樹教授(整形外科)らが約4年前から共同で研究。独立行政法人の物質・材料研究機構も協力し、臨床試験などを経て、厚労省は今年6月に承認した。



2003年7月2日 東芝セラミックス

新機能セラミックス人工骨補填材(商品名:NEOBONERネオボーン)の医療用具製造承認取得について      http://www.tocera.co.jp/ja/ir/index.html


全く新しいコンセプトによる、高機能生体活性素材技術

東芝セラミックスは、大阪大学医学部整形外科吉川秀樹教授、文部科学省無機材質研究所、(株)エム・エム・ティーと協同で、今までにない新しいコンセプトに基づいて、人工骨補填材用の多孔質セラミックス(材質:ハイドロキシアパタイト、商品名:NEOBONERネオボーン)を設計・作製する技術を開発致しました。


2003/09/16 日本シエーリング

"シエーリングAGが再生医療に焦点をあてた新たな研究施設を神戸に設置"
   
 http://www.schering.co.jp/release/re20030916.html

日本シエーリングは再生医療の研究を拡大するために、新たな研究施設である「日本シエーリングリサーチセンター」を神戸医療産業都市構想の中核施設の一つであるバイオメディカルアクセレレーター(BMA:起業化支援施設)に開設することを、発表しました。

日本での研究活動は
神経系や循環器系の再生医療ならびに腫瘍領域に集中します。

 


Chemical & Engineering News June 21, 2004

Supreme Court Nixes ForeignersSuits In U.S. Courts
http://pubs.acs.org/cen/news/8225/8225notw5.html

In a case involving vitamin price fixing, the U.S. Supreme Court ruled that non-U.S. claimants cannot sue international companies in U.S. courts for antitrust violations occurring abroad.

But the Supreme Court left an opening for foreign plaintiffs. It sent back to a lower court the question of whether price-fixing arrangements in the U.S. led to higher vitamin prices for foreign buyers. If so, then foreign buyers now pressing a class-action lawsuit against BASF, Roche, Aventis, and others may still be able to continue their case.

判決全文 
http://a257.g.akamaitech.net/7/257/2422/14june20041300/www.supremecourtus.gov/opinions/03pdf/03-724.pdf

 


2004/7/22 シミック/エスエス製薬

シミック株式会社とエスエス製薬株式会社 子会社株式譲渡で合意
http://www.cmic.co.jp/j/inv/pdf/press_20040722_1.pdf

 シミック株式会社(本社:東京、社長:中村和男、以下「シミック」)とエスエス製薬株式会社(本社:東京、社長:萱生統、以下「エスエス製薬」)は、平成16 年7 月28 日をもって、エスエス製薬の100%子会社である株式会社応用医学研究所(本社:北海道、社長:大野洋光)の株式譲渡契約を締結することで基本合意いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

1.株式譲渡の背景及び目的
 株式会社応用医学研究所は、医薬品等の
安定性試験を受託しており、技術専門性の高さとコストパフォーマンスの良さを特長としております。シミックは、株式会社応用医学研究所を傘下に収めることにより、臨床試験支援事業においてコンサルティング機能の強化、新規顧客の開拓、財務基盤の強化等に貢献できると考え、全株式の取得を決定いたしました。エスエス製薬は、セルフメディケーションビジネスへの経営資源の選択と集中の方針のもと、子会社戦略の見直しを行った結果、よりふさわしいビジネスパートナーの下において、今後応用医学研究所の事業を発展させることが望ましいものと考え、全株式の譲渡を決定いたしました。


日本経済新聞 2004/8/2  

欧州製薬、米市場にシフト 高成長、新薬承認の速さ魅カ 後発品と競争リスクも

 欧州の製薬大手が世界最大の市場である米国シフトを強めている。欧州市場は財政再建に伴う独仏の医療費抑制の動きなどにより成長が鈍いのに比べ、米国市場での売り上げは好調で1−6月期決算でも各社の業績を大きく左右した。米国依存の収益構造には特許係争などリスクも伴うが、新薬が受け入れられやすい米国での販売を強化し、巨額の研究開発費を補う狙いから、各社は対米進出を加速させている。


欧州製薬大手の2004年1−6月期医療用医薬品の米国売上高の比率と伸ぴ率

企業 米国比率
   (%)
米国の
前年比
伸び率(%)

グラクソスミスクライン

50

アストラゼネカ 

44

アベンティス 

36

ノバルティス

40

13

ロシュ 

37

23

サノフイ・サンテラボ 

24

36

(注)米国の前年比伸び率は為替変動の影響含まず。
   アベンティスはワクチン事業などを含むコア事業


平成17 年8 月22 日 塩野義製薬

子会社の異動ならびに平成18 年3 月期業績予想の修正について
http://www.shionogi.co.jp/contents/tousika/news/detail/050822.pdf

 塩野義製薬株式会社(社長:塩野元三)は、平成17 年8 月22 日の開催の取締役会において、当社の子会社であるシオノギクオリカプス・グループの保有全株式をカーライル・グループ(日本における代表者:安達保)に譲渡することを決定し、株式譲渡契約を締結致しましたので下記の通りお知らせ致します。

異動する子会社の概要

シオノギクオリカプス株式会社(以下、SQKK)
 (1) 商号 シオノギクオリカプス株式会社 (Shionogi Qualicaps Co., Ltd)
 (2) 代表者 代表取締役社長 平地 富安(現塩野義製薬執行役員)
 (3) 所在地 奈良県大和郡山市池沢町321-5
 (4) 設立年月日 1965 年4 月26 日
 (5) 事業内容 ハードゼラチンカプセル及びHPMC カプセルの製造販売、カプセル充填機、シール機および関連機器の製造販売
 (6) 発行済株式総数 800,000 株(100%塩野義製薬保有)

シオノギヨーロッパB.V.(特定子会社)(以下、SEBV)
 (1) 商号 シオノギヨーロッパB.V. (Shionogi Europe B.V.)
 (2) 代表者 塩野 元三, Managing Director(現塩野義製薬代表取締役社長)
 (3) 所在地 オランダ、アムステルダム Locatellikade 1, Parnassustoren, 1076 AZ Amsterdam
 (4) 設立年月日 1992 年6 月17 日
 (5) 事業内容 欧米事業会社の持株会社
 (6) 発行済株式総数 35,910 株(100%塩野義製薬保有)

シオノギクオリカプスS.A.(特定子会社)(以下、SQSA)
 (1) 商号 シオノギクオリカプスS.A. (Shionogi Qualicaps, S.A.)
 (2) 代表者 Carlos Martinez Sierra, President & General Manager
 (3) 所在地 スペイン、Calle de la Granja, 49 28108 Alcobendas, Madrid
 (4) 設立年月日 1992 年9 月10 日
 (5) 事業内容 ハードゼラチンカプセル及びHPMC カプセルの製造販売、カプセル充填機、シール機の販売
 (6) 発行済株式総数 1,562,600 株(23%塩野義製薬保有、77%シオノギヨーロッパB.V.保有)

シオノギクオリカプスINC.(特定子会社)(以下、SQI)
 (1) 商号 シオノギクオリカプスINC. (Shionogi Qualicaps, Inc.)
 (2) 代表者 Gregory L. Bowers, President & CEO
 (3) 所在地 国ノースカロライナ州、6505 Franz Warner Parkway, Whitsett, NC 27377-9215
 (4) 設立年月日 1992 年6 月10 日
 (5) 事業内容 ハードゼラチンカプセルの製造販売、HPMC カプセルの販売及びカプセル充填機、シール機の販売
 (6) 発行済株式総数 34,000,000 株(100%シオノギヨーロッパB.V.保有)

株式譲渡先
 (1)名称 カーライル・グループ
 (2)主な事業内容 投資事業
 (3)設立年  1987年
 (4)本店所在地  ワシントンD.C.
 (5)代表者  Daniel A. D’Aniello
 (6)当社との関係 なし


2005/10/3 毎日新聞

ノーベル医学生理学賞:ピロリ菌発見の豪州2博士に

 スウェーデンのカロリンスカ研究所は3日、05年のノーベル医学生理学賞を豪州の西オーストラリア大のバリー・マーシャル教授(54)とロビン・ウォーレン名誉教授(68)に授与すると発表した。両氏は82年、細菌の一種の
ヘリコバクター・ピロリ(Helicobacter pylori ピロリ菌)を発見し、ピロリ菌の感染が胃潰瘍(かいよう)や十二指腸潰瘍の原因になることを突き止めた。


2007/5/17 積水化学

積水化学のメディカル事業と第一化学薬品株式会社を統合

 積水化学工業株式会社(代表取締役社長:大久保尚武、以下積水化学)は、高機能プラスチックスカンパニー(プレジデント:松永隆善)のメディカル事業部で展開する事業と、昨年10月に買収した100%子会社である第一化学薬品株式会社(代表取締役社長:蘆田伸一郎、以下第一化学薬品)を、第一化学薬品の組織を母体として来年4月に統合します。これを機に、「組織の一体化による事業運営の効率化」と「事業の選択と集中」を進め、積水化学グループの戦略事業分野であるメディカル事業のさらなる拡大・発展を目指します。
 

3.新会社概要(予定)
 1)社名 「積水」を冠する社名に変更
 2)事業内容 検査薬、医療用具、医薬品の製造・販売、創薬支援事業など
 3)実施日 2008年4月1日
 4)代表取締役社長 福田 睦(現 積水化学 取締役 高機能プラスチックスカンパニーメディカル事業部長)
 5)売上高 350億円(2006年度実績ベース)
 6)従業員数 800名
 7)資本金 1,275百万円
 8)出資形態 積水化学工業株式会社 100%
 9)本社所在地 東京都中央区日本橋3-13-5(現第一化学薬品本社所在地に同じ)

<ご参考:積水化学のメディカル事業および第一化学薬品の概要>
■積水化学のメディカル事業
 事業開始 昭和58(1983)年
 事業内容 検査薬、医療用具、テープ医薬品などの製造・販売
 事業拠点 営業所:東京、大阪
 工 場:兵庫、山口
 研究所:大阪
 海外事業会社(中国・北京)
 海外販売会社(ドイツ、米国など7社)

■第一化学薬品
 設立年月日 昭和22(1947)年7月10日
 事業内容 検査薬、研究用試薬、化学薬品の製造・販売、薬物動態研究
 事業拠点 営業所:東京、名古屋、大阪など10箇所
 工 場:茨城、岩手
 研究所:茨城
 海外販売会社(中国・上海)

 


2007/09/10 積水化学

第一化学薬品株式会社の社名を『積水メディカル株式会社』に変更

 積水化学工業株式会社(代表取締役社長:大久保尚武、以下積水化学)は、高機能プラスチックスカンパニー(プレジデント:松永隆善)のメディカル事業と、昨年10月2日に買収した100%子会社である
第一化学薬品株式会社(代表取締役社長:福田睦、以下第一化学薬品)を来年4月に統合するとともに、第一化学薬品の社名を変更することを今年5月17日に決定し、同日発表しておりましたが、この度、来年4月以降の新社名が決定しましたのでお知らせします。


2.新会社概要(2008年4月1日以降)

1)新社名        積水メディカル株式会社(現 第一化学薬品株式会社)
              ・英文名   SEKISUI MEDICAL CO.,LTD.
2)事業内容       検査薬、医療用具、医薬品の製造・販売、創薬支援事業など


January 16, 2008  The Associated Press

EU probes drug makers    

European Union antitrust regulators said Wednesday they were raiding pharmaceutical companies -- including Pfizer Inc., GlaxoSmithKline and Sanofi Aventis -- in a probe into why so few new medicines and drug makers are emerging.

EU antitrust chief Neelie Kroes said she was looking at the entire pharmaceutical industry and wanted to know why generic drugs were so slow to be launched in Europe. Generic medicines are made by other companies after the original developer of the drug loses its exclusive patent rights.

The European Commission said it was conducting inspections at the European premises of a number of pharmaceutical makers -- both research-based and generic -- including some based outside Europe.

 


2013/10/16  mixonline.jp  

Gilead Sciences、日本進出
   当面C型肝炎領域に注力 sofosbuvirの15年発売目指す 

ギリアド・サイエンシズ(米カリフォルニア州)のジョン.C.マーティンCEOは10月15日、都内で記者会見を行い、「今後は日本でも自社開発・販売を進めていく」と述べ、日本国内では当面、C型肝炎領域に注力することを明らかにした。現在日本でフェーズ3(P3)を行っているC型肝炎ウイルス(HCV)治療薬sofosbuvirの14年中の承認申請、15年の発売を目指す。HCVジェノタイプ2の患者を対象に進めており、この患者群で初のインターフェロン(IFN)フリーの治療となる可能性がある。

同社は、昨年11月に日本法人を立ち上げ、13年6月に折原祐治氏が代表取締役社長に就任した。HCV薬を機に日本市場に参入する点について、マーティンCEOは、「米国や欧州での開発・販売体制構築を優先して進めてきたが、今後は日本を含めアジアでプレゼンスを高め、多くの患者に貢献し得るHCVの新薬を自分たちの手で提供していきたい」と述べた。将来的にはがん領域の新薬でグローバルスタディに日本を組み込んでいく意向だ。

折原社長によると、14年末までに日本法人社員を40人まで増やしていく。営業体制については検討中で、開発中のsofosbuvirは販売提携も視野に入れている。

初の自社開発となるHCV治療薬sofosbuvirはヌクレオチド類似体阻害薬。P3は、ジェノタイプ2の患者を対象に6月に開始した。未治療患者84人と治療歴有りの患者50人の登録を計画する。sofosbuvir 400 mgを1日1回とリバビリン(体重あたり推奨量)を12週間併用して服用するというもので、対照群は設定していない。米国や欧州では承認申請中の段階にある。

ジェノタイプ1の患者を対象とするP3も準備中で、sofosbuvirとNS5A阻害薬ledipasvirの配合剤が検討される予定だ。欧米では現在P3が進行中。

ギリアドは1987年に設立され、HIV治療薬やB型肝炎用治療領域でリーディングカンパニーの地位を確立してきた。近年は新薬のパイプラインをHCVやがん領域にも拡充している。日本ではHIV薬で日本たばこ(JT)と提携関係を築いてきたほか、抗真菌剤アムビゾームを大日本住友製薬に導出しているが、自社による日本での開発・販売は行っていなかった。


2013/12/5 日経 

医薬品VBヘリオスなど、がんの免疫療法共同開発で基本合意
 

 医薬品ベンチャーのヘリオス(旧日本網膜研究所)とテラは5日、iPS細胞を利用してがん細胞を攻撃する免疫療法を共同開発すると発表した。患者の血液を採取せずにがん細胞を攻撃する細胞を作りだすことを目指す。実用化できれば、再生医療を用いたがんの免疫療法の確立に一歩近づく。

 同日付で業務提携に向けた基本合意を結んだ。iPS細胞を培養してがん細胞を攻撃する「NK細胞(ナチュラルキラー細胞)」を開発する。現在はがん患者の本人の血液を採取し、2週間かけてNK細胞を作製している。iPS細胞から作製できれば、血液採取が不要になり、治療を始めるまでの期間の短縮につながる可能性もある。

 テラは今年4月、ヘリオスに1億円を出資した。テラは長崎大学病院で、NK細胞を使ったがんの免疫療法の臨床研究を進めている。ヘリオスは世界初のiPS細胞を使った再生医療の実用化を目指し、目の難病である加齢黄斑変性の患者に使う細胞シートを作製する準備を進めている。

ーーーーーーーーー

2013.12.05

潟wリオスとテラ梶A業務提携に関する基本合意書を締結〜iPS細胞を用いたがん免疫細胞療法の開発を目指す〜

世界初のiPS細胞を用いた再生医療の実用化を目指すヘリオス(旧:日本網膜研究所)と、日本初の免疫細胞医薬品(がん治療用の再生医療等製品)の承認を目指すテラは、本日、業務提携に関する基本合意書を締結いたしました。本契約に基づき、ヘリオスとテラは、iPS細胞を用いたがん免疫細胞療法の開発に向けた検討を開始いたします。

ヘリオスは、独立行政法人理化学研究所認定のベンチャー企業であり、十分な治療法が無い加齢黄斑変性等の失明疾患に対して、iPS細胞由来の網膜色素上皮細胞移植による新たな治療法の研究・開発を推進しています。ヒトは知覚情報の8割を視覚から得ており失明すると日常生活を送ることが困難となるため、ヘリオスは、本研究開発により罹患者の皆様の失明の恐怖を少しでも減らすことを目指しています。

テラは、高品質で安定的な細胞培養技術を有しており、樹状細胞ワクチン療法等のがん免疫細胞療法の技術・ノウハウを、大学病院をはじめとした全国32ヶ所の医療機関に提供しています。また、2013年4月に、九州大学と共同で細胞医薬品(再生医療等製品)製造のためのフィージビリティスタディを開始しており、日本初の免疫細胞医薬品として、樹状細胞ワクチン『バクセル®(Vaccell)』が「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」における承認を得るための取り組みを推進しております。

両社は、ヘリオスが有するiPS細胞を臨床応用するための技術・ノウハウと、テラが有するがん免疫細胞療法に関する技術・ノウハウを融合することで、最先端医療への貢献を目指してまいります。


【※1】iPS細胞
iPS 細胞とは、皮膚、血液等の体細胞に、いくつかの遺伝子を導入することによって作り出された、様々な組織や臓器の細胞に分化する能力(多能性)と、ほぼ無限に増殖する能力を持った、人工多能性幹細胞(induced pluripotent stem cell)です。

【※2】加齢黄斑変性
年齢を重ねるとともに網膜色素上皮の下に老廃物が蓄積し、それにより直接あるいは間接的に網膜の 中心にある黄斑部が障害され、視力や視野が低下する病気です。
加齢黄斑変性には、滲出型(新生血管型・ウエット型)と非滲出型(萎縮型・ドライ型)があります。日本人に多いウエット型は、網膜色素上皮の下から新しい血管が生えてくるのが特徴で、最初はウエット型を対象とした網膜色素上皮シート移植の臨床試験を行う予定となっています。

【※3】樹状細胞ワクチン療法
本来、血液中に数少ない樹状細胞(体内に侵入した異物を攻撃する役割を持つリンパ球に対して、攻撃指令を与える司令塔のような細胞)を体外で大量に培養し、患者のがん組織や人工的に作製したがんの目印である物質(がん抗原)の特徴を認識させて体内に戻すことで、樹状細胞からリンパ球にがんの特徴を伝達し、そのリンパ球にがん細胞のみを狙って攻撃させる新しいがん免疫細胞療法です。

樹状細胞の培養方法(特願2010-112588)
テラが九州大学と共同で開発をした技術で、単純かつ工業生産での取り扱いが可能と考えられる末梢血単核球から、一定品質および生物活性を示す樹状細胞を大量に増幅培養することが可能となりました。2010年5月にテラと九州大学が共同で特許出願を行っています。


【※4】バクセル®(Vaccell)
バクセル®(Vaccell)は、テラの登録商標です。英語の「vaccine(ワクチン) + cell(細胞)」を語源とする造語で、「細胞によるがんワクチン」を意味します。
 

テラ(tella)とは、「tera: 兆」、「tell: 伝える(発信する)」、「terra: 地球(グローバル)」の三つの言葉がその語源となっており、それぞれ以下の意味が込められています。

「tella」には、「人体を構成する60兆個の細胞を科学する企業」、「世界に向けて発信する、グローバルなヘルスケア企業」という意味が込められており、自ら創造する企業でありたいという意思が込められています。

がんワクチンのメカニズム

がん細胞は、正常な細胞が変異したもので、正常な細胞とは異なる目印(抗原)があります。免疫細胞の一つであり、免疫システムの司令塔である樹状細胞は、がん細胞を異物として認識し、がん細胞を食べることでがんの目印を手に入れます。そして、異物を攻撃する“兵隊役”のリンパ球にがん細胞の目印を伝達します。この情報をもとに、リンパ球はがん細胞を狙って攻撃するのです。

樹状細胞(dendritic cell)は、抗原提示細胞として機能する免疫細胞の一種であり、哺乳類の免疫系の一部を担っている。
抗原提示細胞とは自分が取り込んだ抗原を、他の免疫系の細胞に伝える役割を持つ。

ナチュラルキラー細胞(NK細胞)は、自然免疫の主要因子として働く細胞傷害性リンパ球の1種であり、特に腫瘍細胞やウイルス感染細胞の拒絶に重要である。細胞を殺すのにT細胞とは異なり事前に感作させておく必要がないということから、生まれつき(natural)の細胞傷害性細胞(killer cell)という意味で名付けられた。形態的特徴から大形顆粒リンパ球と呼ばれることもある。

これががんワクチンのしくみで、人間が本来持っている免疫の力を高めてがん細胞だけを攻撃するため、正常な細胞までも攻撃してしまう抗がん剤などに比べて副作用が少ないのが特長です。また、ワクチンは基本的に外来で注射するだけですので、通院で治療できるといった利便性もあります。
 

樹状細胞ワクチンはその製造が複雑かつ高価であることから、臨床試験の実施が容易ではなく、現在は保険外診療(自由診療)として提供されています。しかしながら、そのために多くのがん専門医の理解が十分に得られていないこと、そしてその恩恵を広くがん患者へ提供できていないことが課題としてあげられます。この課題を解決するために、「バクセル®(Vaccell)」は保険適用を目指しています。